茨城の引越しはこんな裏技で節約しよう!~格安の見積りを引き出す …
茨城県の引越運送会社は、○○センターなどの営業所も含め約180店程あります。水戸
市・つくば市・土浦市が多くあり、あとは各地域に数店づつという状態です。かといって、
近所に数店だからと、自ら1店舗づつメールや電話で同じ内容の見積りを問い合わせる
 …(続きを読む)

以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に新築のマンションを買ったので、住まいを移すことにしたのでした。引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、不当な値段などではなかったと思いますが、追加料金が発生してしまいました。

見積もりをもらった時にでもどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。

引っ越しの日取りが大体確定したら、簡単なもので充分ですから、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。引っ越しの準備をあまり早い時期に始めてしまうと片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、反対にゆっくりしすぎていると、時間がどんどん過ぎてバタバタして新生活に障ります。

ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などから少しずつ荷造りしていくと無駄なく進めていけるはずです。
毎日快適に生活するために必要な環境は、住居内で終わるわけではありません。

近所との関係も住環境を構成しています。円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶をその日のうちに済ませるべきです。
必ず、何か手土産を持って伺うのが良いでしょう。

長々と訪問する必要はありませんからとにかく好印象を与えるよう努めましょう。どんな人間関係も、第一印象で決まります。
賃貸住宅から引っ越すと、原状回復しなくてはいけないことになっています。しかし入居中に経年劣化することも確かです。

破壊や破損が明らかな箇所は修理費用は入居者持ちとなる可能性が大です。

壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは入居者の費用負担で直す必要はありません。
いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが退去時に請求される費用を減らすことにつながります。

引っ越しは居住地の移動であり、書面やウェブ上で届け出ますが、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。
固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。
引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。
同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か把握しなくてはなりません。
ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号の変更はありません。

うちの洗濯機はドラム式で、少し前に転勤により、引っ越しをしました。新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけて引っ越し業者に電話をしてみました。

その原因は、洗濯機のホースに残っていた水で、それが流れ出てしまい、誰も気付かないまま運んできたようです。

箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと次は失敗の無いようにしたいものです。

うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。
そして、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。

お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、大変な作業を長時間続けてくれた、そんな皆さんに、自腹でお礼の気持ちを伝えたくなります。私の場合、ペットボトルを作業してくれた全員に一本ずつ、それと千円札一枚ずつをお渡ししております。しかし、よそのおうちではどうされているのか、知りたい気持ちがあります。
大きめの家電などを、引っ越し作業中に運んだりしているのを見かけると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。
落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などといった風になってしまうとガッカリしますから、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。

転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、引っ越しは自分で運んだりするよりも引っ越し業者にやってもらった方がいいかもしれませんね。特に大きめ荷物を運ぶ時に注意しておきたいことですが、壊れやすい電化製品や、大きな家具には傷、へこみなどのダメージをつけないようにします。

せっかくの新居ということで購入したおしゃれな家具などは、何か緩衝材になるようなものを巻くなど工夫して注意深く運びたいところです。
新品のきれいな家具を新居に並べられる、と思うと嬉しくなりますが、運搬時に傷だらけにしてしまったら、ガッカリしてしまうでしょうね。
何かをサービスを受けてそれに対してチップを渡す、という習慣はまったく馴染みがありませんが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人はかなり大勢います。

引っ越し作業という大仕事をしてくれるスタッフに感謝と労りの気持ちを表すために、お金を手渡したり、あるいは飲み物、軽食などを用意する人も多いです。こういったことをする必要は、本来全くないのですが、作業スタッフからすると、もらえるとやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。

美容師さんの罰金制度について。 知人が美容師をしていて、罰金制度などがあり、お…
美容師さんの罰金制度について。 知人が美容師をしていて、罰金制度などがあり、おかしいと思うのですが聞いて下さい。 一、お客さんに施術をしてクレームになった場合、お客さんに料金を返却 した分は自腹で払う。 二、毎月、皆勤手当がもらえるが、有給を使うともらえない。 三、毎月の売り上げによってペナルティと言う名目で給料から天引がある。 四、お客さんからのクレームがあり、二週間の自宅謹慎と東京から千葉への転勤を命じられる。店長も千葉に転勤させられる。遠すぎて通えないため、退職。ちなみにクレームは、待たされたお客が店員の態度が気に食わなかったという小さなクレーム。 退職後、違う美容室に務める。 五、毎月スタイリストになるための練習代として15000円程度の支払いをするが、お店の売り上げが悪いと練習させてもらえない。練習代とカット用マネキン合わせて5万円ほどかかる。 六、休憩なし 七、一日の勤務時間は10〜12時間あるが残業代いっさいなし。練習時間などは含めない時間です。 八、お店でシャンプー、化粧品などの物販がありノルマがある。ノルマ達成しないと罰金。今月は一人で5万円売らないといけないが、アシスタントなので固定客もおらず、ほぼ売れない。 九、休みの日もビラ配り 人事に相談すると、『みんなそう言って辞めるんですよね。仕事もたいして出来ないうちは会社に貢献するのが当たり前じゃないですか?』 と言われ退職。 美容室はこれが普通ですか? これは仕方ない、普通だというものと、おかしい、訴えた方が良いという部分があれば教えて下さい。(続きを読む)